Theory Of Constraints(TOC)

Provides a set of holistic processes and rules, all based on a systems approach, that exploits the inherent simplicity within complex systems through focusing on the few “leverage points” as a way to synchronize the parts to achieve ongoing improvement in the performance of the system as a whole.

TOC(制約理論)とは、イスラエル人の物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士によって70年代後半に開発され、現在もなお進化を続けるマネジメント方法論です。システムの目標達成レベルを決めている、ごく少数の「Constraints(制約)」にマネジメントの注意を集中させることで、どんなに複雑な組織でもその「本質的な単純性」を徹底活用できるようにし、システム全体の継続的改善を実現します。

制約理論(TOC)が提供するソリューション

TOC(制約理論、制約条件の理論)では対象となる業務環境(製品/サービスの供給形態)ごとに異なった手法を提供します。

TOCソリューション

 

各TOCソリューションの期待成果

CCPM ( Critical Chain Project Management ) :プロジェクト環境

対象領域:
設計、製品開発、ITシステム、建築工事、土木工事
問題となっている状況:
予算に対してコストがオーバーすることが多い
必要な時にリソース(作業員、機械)が使えない
中間締切りに間に合わせるよう苦労することが多い
経営陣にリソース追加のプレッシャーがかかる
やり直し / 残業が非常に多い
期待成果(with TOC):
ほぼ全てが納期・予算・仕様を満たして完成
プロジェクトリードタイムの短縮
残業時間の削減
予定外の外注費の削減
プロジェクト関係者間のコミュニケーション向上

S-DBR ( Simplified Drum Buffer Rope ) :受注生産環境 (MTO)

対象領域:
製造業(受注生産)
問題となっている状況:
必要な時にリソース(作業員、機械)が使えない
優先順位がころころ変わる
やり直しが多い
督促が多い
残業が多い
原材料/部品が必要な時に使えるとは限らない
期待成果(with TOC):
納期順守率の素早い改善
生産リードタイムの短縮
仕掛在庫の削減
余剰キャパシティの顕在化 /残業時間の削減
納期回答スピードの短縮
部門間のコミュニケーション向上

TOC Replenishment:在庫生産環境 (MTS/MTA)、流通業(SCM)

対象領域:
製造業(在庫生産)、卸売業、小売業
問題となっている状況:
緊急出荷が必要となることが多い
完成品在庫で欠品するアイテムが多い
完成品在庫のうち、在庫が過剰なアイテムが多い
陳腐化したり、死蔵在庫となるアイテムが多い
期待成果(with TOC):
即納率(欠品率)の改善
余剰在庫 / 死蔵在庫の削減
在庫回転率の向上
実需への対応力向上
部門間のコミュニケーション向上

MT ( Management Tools ) :管理能力、意思決定 (思考プロセス)

対象領域:
経営/管理全般、企画、教育
問題となっている状況:
対処すべき課題が多く、どの問題に取り組むべきかはっきりとは分からない
部下や取引先など、関係者への働きかけに苦労することが多い
調整作業が上手くできず結果的に「押しつけ」になる
部下/取引先からの不満が多い
期待成果(with TOC):
組織のパフォーマンス向上を阻害する「真の問題」をつきとめることができる
周囲に対する説明能力が向上する
互いの意見を論理的に検証し、win-winの解決策を構築できる
生産的かつ協調的なコミュニケーションが拡がる