Case Study

Project environments
 

Solution
/ Duration

BEFORE

AFTER

コンクリート橋梁の設計

Juntos

CCPM

6 months

納期順守率:35%
設計リードタイム:2.5ヶ月
設計技術者は掛持ちで多くの作業を行い、 繁忙期には深夜残業・休日出勤が常態化していた。

納期順守率:90%以上に向上
設計リードタイム:1ヶ月(60% 短縮)
残業時間:20% 削減
外注費:40% 削減

コンクリート橋梁の建設工事

Tsukuri

CCPM

10 months

およそ半分のプロジェクトが、当初設定した社内の目標完成日を守れないでいた。

多くのプロジェクトで予算超過が発生

平均工事利益率:2.8%

納期順守率:94.4%に向上

施工リードタイム:18.9% 短縮

平均工事利益率:15.9%に向上

総合建設コンサルタント
Daiken

CCPM

6 months

手直しと残業が非常に多く、自社の成長を妨げていた。

様々な改善活動に取組んでいたが、目に見える成果を得ることができなかった。

納期順守率:66% → 81%

残業時間:40% 削減

売上高:10 % 増加

プロジェクトの進捗状況が常にわかり、
納期直前にバタバタすることが減った。

総合建設コンサルタント

Anonymous

CCPM

4 months

3年前よりCCPM導入を開始し、納期順守率を44% → 66%に改善したが、成果に満足できていなかった。

納期順守率:66% → 94%

残業時間を増加させることなく、売上高が30% 増加

理化学用製造装置の受注設計・開発

ASAHI Seisakusho

CCPM

2 months

受注品の納期順守率は高い一方、開発品のスピードと納期順守率が非常に悪い。

エンジニアは掛持ちで多くの作業を行うため 残業時間が非常に多く、キャパ不足が原因で、受注機会を失うケースがあった。

スループット:13件/月 → 16件/月 に向上

エンジニアの残業時間:35% 削減

製造のSDBRと併せ、売上高が50% 増加(2011年第1四半期)

経常利益は、創業以来 過去最高を記録

Production environments
 

Solution
/ Duration

BEFORE

AFTER

半導体製造装置部品の製造

Kuroiso Seisakusho

SDBR

6 months

納期順守率:65%未満

ここ数年、売上高と利益が伸び悩んでいた。

納期順守率:95% 以上に向上

製造リードタイム:50% 短縮

売上高:16% 増加

粗利益率:15% → 25% に向上

電気電子材料製品の製造

Nippon Tungsten, Kiyama Plant

SDBR

6 months

納期順守率:70-75%

顧客からの督促が頻発し、経営陣から納期改善に対するプレッシャーが非常に強かった。

納期順守率:98% に向上

製造リードタイム:26日 → 10.5日
(社内製作品)

理化学用 ガラス器具の製造

ASAHI Seisakusho

SDBR

6 months

納期順守率は高い一方、督促と残業が多く、短納期対応力に問題を感じていた。

不良在庫が多く、工場は仕掛品であふれていた。

納期順守率:94.8% → 98.6%

製造リードタイム:27% 短縮

残業時間:85% 削減

石英ガラス器具の製造

ASAHI Semicon

SDBR

4 months

製造リードタイムが長い。

顧客の短納期要望に応えるため、工場では過度な残業が常態化していた。

納期順守率:99.7% に向上

製造リードタイム:70% 短縮

残業時間:37% 削減

ステンレス加工製品の製造

Taika Industry

SDBR

4 months

市場からの小ロット、短納期の要望に応えることが難しく、失注が発生していた。

製造サイクルタイム:20%短縮

スループット:17%向上

電気モータの製造

MEIWA ELECTRIC MOTORS

SDBR

9 months

小ロット、短納期の要望に俊敏に対応することが難しかった。また、現場改善と受注増大とのリンクの希薄が常態化していた。

製造リードタイム:35.5日 → 25.3日

           (28.7%短縮)

スループット:約10% 向上

発表論文等一覧

主な発表先
  • 土木学会 建設マネジメント論文集
  • TOC国際カンファレンス(TOCICO INTERNATIONAL CONFERENCE)
  • プロジェクトマネジメント学会
  • 電子情報通信学会 技術研究報告
  • その他 学会、研究会、国際カンファレンスでも発表