lessons_learned‎ > ‎

#3. 「分かっていない」のは相手ではなく、自分かもしれない

2015/07/26 21:37 に Atushi Mori が投稿   [ 2015/07/28 19:54 に Asaine Keita さんが更新しました ]

 導入が意思決定され、新しい仕組み/手順の運用を始めるまでは良かったものの、途中で課題に遭遇し、導入が上手く進まないこともあります。このような場合、「決めたルールを現場が守らない」、「新しい考え方に対する理解が足りない」ことが問題視される傾向にあります。

 この背後に存在するのは、「自分は分かっている。でも、相手が分かろうとしない」というマインドです。しかし、本当に「自分は分かっている」と言ってよいのでしょうか?

 明らかに、解決策が相手にとって不利益なものであれば、相手が許容しないのは当然です。誰だって自分の首を自分で締めるようなことはしたくないものです。その場合、その解決策はWIN-WINになっておらず、内容を再考する必要があるでしょう。しかし、WIN-WINとなるよう考えられた解決策でも相手が受け入れないことがあります。この場合は、どうすればいいのでしょうか?

 もし、その相手の理解・協力を本当に得なければならないのであれば、「その人の意見や立場を尊重する」必要があります。ここでポイントになるのは、「尊重する」とは具体的にどうするのか、ということです。答えは「その解決策の特徴(どんなメリットがあり、また潜在的デメリットは何か)を"相手の視点”で理解する」ことになります。つまり、(相手ではなく)まず自分自身が、解決策の中身を、もっとよく知る必要があるのです。

Comments